早く高く車を売る

車を売る場合には売却方法を間違えると売れる値段がまるで違ってきますが多くの方はそれをご存知ないと思います。

仮に、「新車に買い換える場合」は新車ディーラーだけに声をかけて他社とは比較せずに売ってしまうと思います。それに「単なる車の売却をする場合」でも1社だけの買取店に声をかけて売ってしまう人が多くて、大損をしているんです。

車を売るなら新車ディーラーではなく買取業者に

新車ディーラーに下取りに出す場合

車を売る場合には、多くの人は新車ディーラーに売るようですが、実はこれだと思ったほど高くは売れません。なぜなら、新車ディーラーは新車を売るテクニックしかなくて中古車を買取してもその後に上手に儲けるルートを持っていないからです。

当然、上手に転売するルートを持っていないので高く買取りなんてしてしまうと、上司に叱られます。だからどれだけ交渉をしても中古車を良い値段で買ってくれることはありえないです。

中古車の買取店に売る場合

一方の中古車の買取店は車を買取りした後に高く転売できるルートを持っているとろこも多いです。だから多少無理して高く買取りをしても利益が出せます。

例えば、海外に転売をするルートを持っているところもあり、通常は廃車にしかならないような車でも10万円や20万円という金額で買ってくれることも珍しくありません。ただし、そうした買取業者を見つけるためには複数社から見積りをもらわないと分からないんです。

複数社を比較しなければあなたの売値が激安か相場並かもまるで分かりませんよ

中古車の買取業者などには査定の基準となるマニュアルが存在しますが、それでも最後に買値を決るのは「人」ですから、あちこちから見積りをとれば当然それぞれ値段が違ってきます。

だから1社だけしか声をかけずに売るような愚策は絶対にやっちゃダメなんです。

私が車を買い換える時は買取業者しか利用しませんが、その場合は少なくても5社には声をかけます。そうすると最安の買取額が150万円で最高値の買取額が200万円というくらいにか大きな金額差が生まれることが多々あります。

私はこれを知っているから絶対に複数の買取り業者に声をかけるんです。

どうして店によって買取り額が違ってくるの?

店によって欲しがっている車が違っているために、買取額は店によって差が生まれるんです。

実は買取業者はお客さんから「車名・色・距離」をもとに「良いのがあったら声をかけてほしい」と頼まれていることが多いんです。そしてそのお客さんのために希望の車を探しています。

仮に、「黒・ヴェルファイア・5万キロ未満・H21年~H26年製」で頼まれているとして、そこにちょうどあなたの売ろうとしている車がその条件に近かったとします。こんな場合には買取業者は何としてもでもあなたの車を他社に買われないように多少無理をしてでも買取りをしようと頑張るわけです。

車が最も高く売れるのは「売り手と買い手の条件がマッチすること」ですから、これ以上に高く売れる可能性はきっと他ではないはずです。

買取業者が無理して高値で買ってくれても商売が成り立つ理由!

ここまでの解説を読むと、「買取業者が高値で買ってたら潰れるじゃん」と思う方もいらっしゃるかもしれません。もちろん、普通なら商売が成り立たずに潰れます。

ところが、近頃の買取り業者というのは転売そのものであまり利益が出せなくても大丈夫な店が多いんです。その理由は、転売時に「車検・オイル交換・修理は自社で行うこと」というルールをもとに販売しているからです。

車検やオイル交換は定期的な収入になりますしタイヤ交換も通常は他所でしてはいけないようになっています。こんなふうに買取業者は次に販売したお客さんからしっかりと儲けが取れるというわけなんです。

売り手と買い手を効率良くマッチさせてくれるのが査定サービスです

売り手と買い手の車の条件がマッチすることがあなたにとって最高の売却スタイルになることはお分かりいただけたと思います。ただし、通常はそうしたマッチする相手を見つけるためには自分の足で沢山の中古車屋さんをまわって声をかける必要があります。でもそんな面倒なことは誰にでもは無理です。

でも、今はそれを簡単に実現させてくれるものがあって、「一括査定サービス」を利用する方法になります。それさえ利用すればスマホやPCから簡単に5社程の見積をメールでもらうことができ、マッチする業者を見つけることができます。

最高値の見積りをくれたところがマッチした相手ということになるんですよ。

車の故障は直してから売るべき?そのままでもOK?

ヤフーオークションなどで個人相手に売る場合

車を売るなら故障した箇所は修理してから売るのが鉄則です。

なぜなら、ヤフオクなどで売る場合、一般の人が自分で修理できるというケースは限られているために売れる確率がぐっと低くなるからです。

また、なかには自分で修理をすることを前提に不具合のある車を探している人もいますが、そんな人の多くはお金をかけたくないというしっかり者の人が多く、「穴場狙い」的な発想で不具合のある車を探していることが多いためかなり安い値段でないと落札してもらえません。簡単に言うと、修理費用分は安くないと買ってくれないってことです。

中古車の買取業者に売るに場合

業者に売る場合、修理もへっちゃらな相手ですからあなたが修理をする必要がないように思われるかもしれません。でも、買取業者に売る場合でも修理が必要な箇所は直してから売るべきなんです。そうしないと買取額を大幅ダウンさせる理由を与えてしまうからです。

ボディーの凹みや傷などは板金屋さんで修理をしてもらってもせいぜい数万円といったところですが、そのままの姿で買取業者に見せると10数万円も安い値段をつけられる恐れもあります。つまり、売る時には弱みを見せちゃダメ!ってことなんですよね。

車を売りたいけど修理するお金がないという時は

車の修理代金というのは基本的にはローンが組めませんので、現金一括払いで対応するしかないんです。でも、税金の関係や車検の関係で何ヶ月も先まで車を保有し続けることができない場合や、無駄に車検を受けるお金がもったいないと思う方も多いと思います。

そんな時は、修理費用分のお金をキャッシングで借りて現金を確保することをおすすめします。ただし!せっかく修理した車が思ってたよりも随分と安い値段でしか買取りしてもらえなかったとしたら大変ですよね。

いくらで売れるか分かってないと何をするにしても不安ですよね

そもそも、あなたの車がいくらで売れるかちゃんとした買取り額が分からないからキャッシングを利用して修理をするのが不安なんだと思います。そこで、そんな不透明な不安を解消するためにとっておきの方法が、ネット上の「中古車の査定サービス」を利用する方法なんです。

ネット上で簡単な情報を入力すれば、あとはメールで車の買取額が届きます。そして複数社から届く見積額のなかで最低額を見ることであなたの車が最安ならいくらで買取りされるかを事前に把握することができるんです。

これで「売ったらいくらお金が手に入るか」が分かれば、安心して修理にお金を使うこともできると思います。後は目先の修理費用を借り入れして、しっかり直すことができればスムーズに車の売却は完了しますよ。