ガソリン代がないときに限って、どうしても車を乗らなきゃいけない・・・。そんな時はクレジットカードをお持ちならそのカードが使えるガソリンスタンドを選ぶか、もしくは、キャッシングを利用して現金を手に入れるか2択になります。

クレジットカードに対応したガソリンスタンドとは

実際にガソリンスタンドに行ってみないとあなたが持っているクレジットカードが支払いに使えるかどうかは分かりません。

近頃はセルフスタンドの機械にクレジットカードを入れれば支払いに使えるというところも増えてきていますが、ガソリンスタンドの店によってはエネオスカードやコスモ・ザ・カードのように事前に作られた専用カードでないと支払いに使えないところもあります。

キャッシングなら用途を問わずにお金を借りることができる

キャッシングを利用すれば、現金が手にはいるのでガソリンを入れるお金を借りるだけでなく、余裕をもった大きな金額を借りておくこともできるので非常に便利です。

ただし、キャッシングを利用するには、審査に通らないといけませんが、その審査はスマホから簡単に申し込みができ、例えば審査申し込みが午前中や昼頃で、なおかつ審査に通れば、当日中に現金を手に入れる可能性があります。

有名なプロミスの場合には、申し込みをしてから審査結果が出るまでに最短で30分となっていて、その後は街にある無人契約機で本申込みの処理を行えば、その場で現金を手にすることができるんです。

→ ここの3社なら審査結果が出るのに最短で30分と早くて便利です

銀行でガソリン代のお金を借りるのは現実的でない

銀行の窓口に行ってお金を借りるという手を思いつく方もいると思いますが、銀行の窓口融資というのは、融資目的がある程度限られています。

例えば、自動車を買うためだったり、家を建てるためだったり、子供の学費のためなど、それぞれ専用の融資商品が用意されているんです。そうした融資商品には用途が定まっているので自由に使えるお金を融資してもらうことはできないんです。

また、そもそも銀行融資の場合には、審査結果が出るまでに2週間ほどかかるのが一般的です。時間の面からしても現実的はないんですよね。