キャッシングがはじめてという場合、できるだけ多く借りようとして複数社に審査を申し込みされる方も多いと思います。

そこで、気になるは「最初は何社までいける?」ってじゃないでしょうか?

最初にこの選択を間違えると1社目の時点から審査に落とされる恐れもあるので注意が必要です。以下で詳しく紹介してみました。

複数のキャッシングで審査を受ける場合の注意点

仮に2社以上のキャッシングサービスで短期間のタイミングで審査を受ける場合、それぞれの審査を受けるタイミングはできれば半年くらいは離した方が得策です。

ズバリ、結論ですが、最初からいきなり短期間で2社も申し込みをすれば、大抵は2社目で落とされがちで、もっと最悪なのは、同日に2社に申し込みをした場合には両方とも審査に落とされやすいということです。

なので、とりあえずは無難に1社で借り入れを終えておくべきです。

どうして短期間で2社申し込みすれば落ちやすいのか?

あなたが他社のキャッシングで借り入れをしていることは、審査の段階でバレているため、「短期間にうちの審査も受けにくるなんて、よっぽどお金に困ってる人なのかな」と、お金の管理能力を疑われてしまうからです。

ただ単に、疑われるだけならいいですが、この場合は審査に落とされる確率も高くなるんですよ。

一度審査に落ちてしまうと、悪い評価は残ってしまう恐れがあり、その履歴のせいで後に再び審査を受ける際に不利になることも考えられます。つまり、審査は一度受けると「履歴」にはやり直しが効かないので、無難に1社目と2社目などは期間を開けるのが得策と言えます。

(関連記事)

→ キャッシングは1社と複数社のどっちが多く借りることができるか

(上記の関連記事で、”利用限度額は信用を積めば増えることも” という部分を読んでいただければ疑問解消のお役に立ちます)

キャッシング審査を複数利用したい時には

キャッシングにはプロミスやアコムやモビットなどのように複数のサービスがあるため、複数のサービスを利用すればそれだけまとまった金額を借りることができそうなイメージがあると思います。

でも、それは間違いで、いくら複数社の審査に通ったとしても、総量規制というルールのために、合計金額が年収の3分の1までしか借りることができないんです。(例えば年収300万円の人なら総量規制のラインは100万円ということに)

※あと、この「年収の3分の1」というのは、あくまでもそれだけ沢山貸してもらえる人の場合であって、他にローンを利用している方や、勤務先や雇用形態(正社員・派遣・パート・アルバイト)などによっては総量規制のラインよりも少なくなるケースもあります。

仮審査なら悪い履歴は残りませんよ

キャッシングの審査には、通常の本審査とは別に、その前にお試しで受けることができる「仮審査」というものがあります。(各社で名称は多少異なります)

この仮審査なら名前を入力する必要もなく、現在の他社でも借り入れ額など、誰と分からない状態で審査を受けることができます。つまり、履歴を汚してしまうリスクを回避できるんです。

仮審査の時点で結果がNGとなってしまうのであれば、その時には本審査を受けることは避けておくべきで、反対に、仮審査に通ることができたなら、そのまま本審査を受けるというのが良いようです。

(関連記事)

→ キャッシング審査に会社や仕事内容は影響する?

→ 個人事業主がキャッシング審査を受ける際に社名は何て書けばいい?