キャッシングではじめてお金を借りようとする場合に、なるだけ多く借りるためには1社から借りるか?それとも複数社に分けて借りるべき気になる人も多いと思います。

 

答えは、「何社を利用しても借りられる限度額は同じ」です。ただし、短期間で複数ものキャッシング審査を受けると、本来なら審査に通る人でも落とされるリスクが増大するので注意が必要です。

 

キャッシングでなるだけ多くの金額を借りるための注意点を紹介してみたいと思います。

キャッシング審査を短期間で複数社分受けると非常にまずい

利用するキャッシング会社をA社やB社やC社などバラバラに分けて利用しても「他社でいくらの借り入れ額があるか」は審査を受ける時点で把握されています。

 

なので、A社の審査を受けて無事に借り入れができるようになった日から近日のうちにB社の審査を受けてしまうと「そうとうお金がない」と悪いイメージを持たれてしまいます。

 

そもそも、キャッシングには総量規制というものがあり、年収の3分の1までしか借りられないというルールがあります。なので、既にA社で総量規制に達している場合も、いくらB社の審査を受けても受かるはずがありません。

初めは低い利用限度額は信用を積めば増えることも

慌ててあちこちから借りるよりも、まずは一社目で借り入れと返済を着実に繰り返し、実績を積むことを優先すべきです。(あちこち審査を受けると片っ端から落とされるリスクもありますしね。)

 

複数から借りまくるようなことをせず、返済の遅れもない優良な利用者さんの場合には、キャッシング会社の方から利用限度額の増額の提案をしてくれることもあります。もちろん、自分から増額希望の電話をして上がるケースもあります。

 

ただし、最終的には年収の3分の1までというルールがあるために、借り入れ限度額は一定ラインを超えることはありませんが、はじめてキャッシングを利用し始めた人であれば、最初から総量規制に届くほど大きな金額は貸してもらえませんので、限度額はもっと先の話になります。

 

少しでも多くの額をキャッシングで利用するには、一日でもはじめての早く借り入れを行い、返済期限も守っていくしかありません。急がば回れですね。

キャッシングと銀行カードローンの両方使うのは難しい

キャッシングと銀行のカードローンを両方使えば、別々に多く借りられると思う人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

 

どこで借りても、結局は総量規制にかかるために、年収の3分の1までしか借りることができません。もちろん、これは上限額なので誰でもそこまで貸してもらえるというわけでもありません。

 

仮に年収が500万円だとしても、勤務先や他のローンの状況によっては3分の1にあたる150万円まで借りることができず、100万円くらいまでしか利用できないケースもあります。

 

あとは、先程の紹介にもありますように、はじめて借り入れを利用される方や、まだ数回程度の利用しかしていない人の場合には、最初からその人にとっても限度額めいいっぱいを貸してもらえることも無いと思っておいた方が無難です。

少しでも多くお金を工面する唯一の方法

もし、お金の用途のなかに、事業用や起業用、もしくは、お子さんの教育資金のための借り入れも含まれている場合には、日本政策金融公庫をキャッシングと合わせて利用するという手があります。

 

この日本政策金融公庫を利用するメリットは、ここの借り入れ額が総量規制に含まれないという点です。つまり、日本政策金融公庫を利用しても、キャッシング審査や審査通過後の借り入れ可能額の総量規制には1円も影響がでないんです。

(例)

年収500万円のサラリーマンなら

キャッシングだけなら上限は150万円

合計150万円

 

ところが2種類を活用すれば・・・・

政策金融公庫で教育資金等の利用150万円

キャッシング会社の利用(あくまで条件)150万円

合計300万円

 

これを知らない人がとても多いんですが、それもそのはずで、政策金融公庫は民間が運営をしているわけではないので、もともと国がスタートさせてものなので広告を派手に流すなど宣伝をしていないんです。

 

ただし、ここで注意をしていただきたいのは、政策金融公庫の場合には銀行の窓口でお金を借りるのと同様に、必要な書類や審査など借り入れができるまでに早くても2週間ほどはかかるのが一般的です。なので、急ぎの場合には先にキャッシングを利用するのが鉄則と言えます。

 

ちなみに、キャッシング会社によって貸出限度額が違っているのをご存知でしょうか?プロミスやアイフルに比べてるとアコムやモビットは限度額が高く表示されていますが、500万円までの借り入れなら正直どこを利用しても違いはありません。

 

後は、身近に無人契約機がある会社かどうかの利便性で選んだり、キャンペーンの内容で選んだりと、好みの部分で選ぶようになります。例えば、モビットの場合などは郵便物が自宅に届かないという点や、契約方法によっては、カードの発行もなく利用ができるとう点で選ぶ人も多いようです。

 

特に、借り入れする金額が数十万円くらいならどこを利用しても利息なんてほとんど違いがありませんよ。