テレビが壊れたのに次の給料日までの買えないとなると、楽しみにしてる番組が見れなくて最悪ですよね・・・。でも大丈夫です、もしもクレジットカードがなくてもすぐに購入できる方法があるのでご紹介します。

テレビを最もお得な現金買いを可能にする方法

テレビを買う場合、ネット通販でもヤマダ電機やヨドバシなどの電気屋さんでも、どこで買うにしても最も値引きを多くくれたりポイントを多くもらえるのが現金による支払いです。

もしネット通販で買う場合には価格コムなどでチェックされる方も多いと思いますが、最安値で買える店のほとんどは支払い方法が「現金のみ」となっているはずです。つまり、仮にクレジットカードを持っていたといてもその支払方法だとお得な値段で買うことができないんです。

そこで活用したいのがキャッシングになります。キャッシングなら早ければ当日中にお金を手に入れることができ、遅くても翌日には手に入ります。(もちろん審査に通った場合です)

大きな家電店があるような街ならどこにでも大手のキャッシングはありますし、スマホなどネットから先に仮審査を受けておき、それから街の無人契約機で誰とも会わずに本審査の手続きをすれば、その場で現金を借りて電気屋さんに向かうことができます。

(もちろん、審査に通ることや即日で審査をしてもらうには時間の都合もあります。)

借り入れ利息よりも値引きが大きいことも

借り入れしたお金でテレビを買う場合、何よりも強みがあるのが現金の支払いです、いくら値引き交渉をする話術があっても支払いがクレジットカード払いやもともと安い型落ちを買う場合にはそれほどお得なことにはなりません。

でも、利益がたっぷりのってる新型テレビなどの場合には、現金一括払いということならある程度簡単に大きな値引きを出してもらえることが多いんです。

そこで出る値引き額とキャッシングを利用した際の利息を比べると、キャッシングの方が安くつくことも多々あります。

30日以内の一括返済なら利息がまるでつかないことも

もしもキャッシングを利用して翌月に一括返済できるなら、今時の大手なら利息がつかないキャンペーンをしているところがあります。また、仮に一括が無理でも、30日以内に返済した分には利息がつかないこともあります。

なお、キャッシングは分割返済をすることもできるのでコツコツと1年ほどかけてテレビの購入代を払えば生活費に負担をかけることもありませんね。

テレビを買うなら最新型を買うべき(その理由)

テレビを買うなら例え値引きが少なかったとしても最新型のものを買うのが最も堅実な買い方となります。多くの方はテレビを買う際には値引きが大きな型落ち寸前のものや型落ちモデルを選ぶ方が多いと思います。

でも、今回のようにどうしても見たい番組があるから急いで買う場合にはそれだと万が一の場合には番組が見れなくなるリスクがあるんです。

その理由は、私の経験からも購入した日のうちに初期不良で見れないということが何度もあったからです。もちろん普通は初期不良ならすぐに店にある在庫と交換をしてもらえるので数時間も待てば対処してもらえるはずです。

ところが、購入したものが型落ちや在庫処分などのお得商品だった場合には大抵は交換してもらえる在庫品が店にないものです。

この場合、店の人が優しい人なら他の製品に交換してもらえることがありますが、マニュアル通りにしか対応しないチェーン店の場合には「修理」でしか対応してもらえず、下手すれば今さっき買ったばかりのテレビが工場送りとなり1ヶ月くらいはテレビのない生活になることもあるんです。

だからどうせ買うなら何かあってもすぐ新品交換してもらるように新型で在庫も豊富なものを選んでおくことが無難と言えそうです。