ネカフェ(漫画喫茶)でうっかり寝過ごしてしまったりで、持ち合わせのお金が足りない場合の対処方法をご紹介します。

まず最初にやるべきことは、免許証を持っているかどうかの確認です。顔写真でも判別できる運転免許証さえあれば、ひとまずお金を下ろしにネカフェ(漫画喫茶)を出られる可能性が高まるからです。

お金が足りなくても免許証があれば何とかなります

ネカフェ(漫画喫茶)で払えるお金がない場合、免許証があればそれを店の店員さんに見せることでいろいろな対策を選ぶことができます。パターン別で紹介してみますね。

銀行やコンビニのATMまで行けば引き出すお金がある場合

銀行やコンビニまで行かせてもらえるなら、お店としても早急に回収して面倒なことを終わらせたいため、お金を引き出せる場所までバイトなどが1名ついてくるというケースがあります。

この場合、お金を下ろしてその場でお金を渡して終了というケースと、もう一度一緒にネカフェ(漫画喫茶)まで戻り、レジでちゃんと支払いをしないといけないケースとに分かれます。

なお、店までもどらないといけない場合には、支払いをする時まで延長している扱いとなることが多いので、お金を下ろす場合には余裕をもった金額にしておくのが無難です。

銀行にもネカフェ(漫画喫茶)代を引き出すお金がない場合

お金がない場合でも、免許証があればキャッシングを利用することは十分に可能です。その場合、事前にネットから審査を受けておくと借り入れまでが早くなるので、スマホやネカフェ(漫画喫茶)のPCからキャッシング会社を選んで、仮審査を受けておくのが賢明です。

大抵の場合、1時間ほどで仮審査の結果が分かるので、審査に通ってから最寄りのキャッシングの無人契約機に行ってください。

後は、そこで本審査を受けて通れば、数万円程度のお金ならその場で借りて帰ることができます。

借り入れしたお金は翌月に一括返済してしまえば利息は気にするほどの金額にはなりませんし、なにせ、数万円程度の借り入れにつく利息なんてごくわずかなので気にもならないと思います。

キャッシング会社を選ぶならメジャーなところを選ぶべき

メジャーな会社であれば大きな街なら大抵は無人契約機が用意されています。プロミスやアコムやモビットなどCMでよく見る会社を選んでおけば間違いありません。

これらの会社は、はじめて借り入れをする人にいろいろお得になるキャンペーンを行っていることも多々ありますし、無人契約機の設置数が多いということも外せない理由です。

キャッシングの申し込みは1社だけにすること

最終的には何社で借り入れをしても大丈夫ですが、審査を受ける時点では1社だけに絞って行ってください。

なぜなら、複数社の審査を同時に申し込みしたり、同日に2社や3社に審査を申し込みすると「お金で切羽詰った危ない人」という評価を受けてしまい、借りられるはずの人でも審査に落とされやすくなるからです。

ネカフェ(漫画喫茶)でお金も免許証もない場合は

もしも免許証をお持ちでない場合には、残念ながら店の店員さんの判断に運命を任せるしかありません。とは言え、最悪の場合でも警察を呼ばれて署まで連れていかれて少々面倒な目にあうだけで、処罰や留置などはまずないので安心してください。

また、仮に免許証を持っていたとしても、記載されている住所と漫画喫茶の場所があまりにも離れている場合には、警察を呼ばれる事もあるので覚悟は必要です。

交番に行けばお金を貸してくれる場合もあるけど、それほど惨めなことはありません。人によってはすんなり貸してくれない場合もありますし、職場や知人などに片っ端から電話をさせられるという残酷な目にあう可能性も否定できません。

ネカフェ(漫画喫茶)で無銭飲食者の扱いをされないためにも

どんなにまともな仕事をしていても、どんなに下ろすお金やキャッシングで借りられるような人でも、横柄な態度をとればお店としても情け容赦のない対処をしてくる可能性があります。

それに、払うお金をすみやかに出せない以上は、無銭飲食をするつもりだった人と勘違いをされても今の世の中だと仕方がありません。とにかく払いたいという誠意と丁寧な対応を心がけてくださいね。

(※当然ですが、ほとんどの店ではクレジットカードで支払いができますしedyで払える店もあります。)