プロミスでいくら借りれるか?これから利用しようかと考えている人は絶対に気になるところだと思います。

一応、プロミスの場合には最高額は500万円とされています。

でも、これはあくまでもプロミスが1人に貸せる上限金額というだけのことで、実はいくら借りられるかは1づつまるで異なるんです。

プロミスであながたがいくら借りられるか

プロミスであなたがいくら借りられるか?その目安は年収の3分の1の金額となります。(この年収3割までというルールは「総量規制」と呼ばれるルールになります。)

もしも年収が300万円なら3割は90万円なので、プロミスで貸りられる限度額は90万円ということになります。(年収が1,000万円なら3割は300万円という感じです。)

初めての利用から年収3分の1まではなかなか貸してもらえない

初めてプロミスを利用する場合、まだ何の返済実績もないためプロミスとしては、信頼できる客かどうか分からないので不安です。なのでいきなり最初から年収の3分の1に達するほどのまとまったお金は貸してもらえないのが普通です。

何度かプロミスから借り入れと返済を繰り返して実績を積むことによって徐々に利用できる限度額も上がってくるのが普通です。

もしも、本命の借り入れまでに日数に余裕がある場合には、まず少額でも良いので借入れと返済を繰り返し、「信頼できる人」という認識をしてもらうのがベストです。

例え数万円程度の少額の借り入れでも、返済を何度か行っていると、利用限度額アップの提案をもらえることに繋がり、年収の3分の1に達するまで限度額をあげてもらいやすくもなります。

→ プロミスへの申し込みの流れ

→ プロミスとプロミスレディースの意外な違い

他社のキャッシングを利用中なら限度額に影響が出る

いくらプロミスを利用するのがこれから初めてだったとしても、すでにモビットやアコムなどでお金を借りているとしたら、これから借りられる金額にも影響が出ます。

先ほど紹介した年収の3割までというルールは、他のキャッシングでの借り入れも合計した金額を指すので、限度額が90万円の場合でいうと、アコムで30万円借りていて、2社目がプロミスという場合には、残りは「90万ー30万=60万円」

ということになります。

総量規制が関係ない銀行系カードローンもあるけど

プロミスとの類似サービスに新生銀行がやっている「レイク」がありますが、ここは見た目にはプロミスと同じサービスに見えますが、運営をしているのが銀行ということで、俗に銀行系カードローンと呼ばれています。

こうした銀行系カードローンの場合には総量規制が関係無く、銀行の判断次第でいくら借りられるかが違ってきます。

なので、一見すると、プロミスよりも先にレイクなどを利用した方が沢山借りられて良さそうに思えますが、貸出し限度額が総量規制などで制限されていない分だけ、最初に受ける審査の基準も厳しくなってきます。

なので、もしも、お金を借りるのが初めてだという場合には、まずは銀行系ではないプロミスから利用を開始するのが審査面からしても無難だと言えそうです。