親が工面してくれた学費をついつい生活費や遊びに使ってしまい、親に相談もできない・・・なんてこともあるかと思います。

そんな時、まずは学校に相談をして納期を伸ばしてもらえないか確認をするべきです。納期が迫っている場合などは仮にどこかでお金を借りることができたとしても、間に合わなかったお終いだからです。

大学には学費の免除や延納などがあるけど

どこの大学でも学費の支払いに困った生徒のために、分納だったり延納だったりと納付方法がいくつかあります、また、場合によっては学費が免除されるケースもあります。

ただし、そうした措置を受けるには条件がいくつかあり、親の所得(世帯所得によって半額になるか全額免除か決まる)が一定額以上あれば対象外ですし、仮に親の所得が低くても、この制度を利用する生徒の成績が優秀でないと対象外となるケースがほとんどです。

また、延納の場合には免除などに比べると利用を認めてもらえやすいイメージがあるかもしれませんが、これも厳しい基準が設けられていることが普通なのでそう簡単には適用にはなりません。

親にバレるまでにスピード解決するには

学費を使い込んでしまったなんて親に知られてしまうと学校を辞めさせられる人もいるでしょうし、親が怒るのを想像しただけでとても言いだせないという人もいると思います。

そんな場合、もしもあなたがアルバイトをしている場合にはキャッシングでお金を借りて学費を払える可能性があります。

ただし、キャッシングを利用するためには継続的なアルバイトをしている必要があって、例えばスーパーやコンビニのレジなどのように自ら辞めることを言い出さないといつまでも続くようなバイトなら審査を受ける基準を満たせています。

(審査を受けてもダメなのは日雇いのバイトなど短期のバイトです。)

また、借りたお金は分割で返済をすることもできますし、途中でまとめて一括返済をすることもできるのでマイペースで返済をすることができるんです。

キャッシングで学費全額を借りることができなくても

キャッシングで借りることができる金額は、バイトをしている人でもサラリーマンでも上限額の把握方法は同じで「年収の3分の1まで」とされています。

また、当然ながらバイトをしている学生の場合にはいきなり100万なんてお金を借りることは難しいかもしれません。

それでも、仮に50万円でも借りることができて延納などの対処をしてもらえれば半年分くらいの学費にはなると思います。つまりひとまずは退学処分や親のところに支払い督促などの連絡が行くことはないということになります。

まずは自分がいくら借りることができるか?そもそも審査に通ることができるか?その確認をすることが先決となります。