夫婦の場合、旦那さんがあちこちで借り入れをしまくって滞納や債務整理をしたことがあり、いわゆるブラック状態となっているケースもあると思います。

そんな時、奥さんがキャッシングを利用することができるかどうか気になりますよね・・・

実は旦那さんがブラック状態の場合には奥さんがキャッシングを利用できるかどうか2つの道に別れるんです。

奥さんはパートやバイトなど何かされていますか?

奥さんが何かしら仕事をしていて収入があればキャッシングの審査に通り、奥さんの名義でお金を借りることも可能です。

その場合の仕事ですが、別に正社員でなくても大丈夫で、派遣でも契約でも、パートやアルバイトでも審査を受けることのできる条件を満たしています。

 

何かしら収入があれば→ まずはスマホやPCから仮審査を受けてみては?

(仮審査だと借り入れが可能かどうか?目安がかんたんに分かります)

 

ちなみに、正社員以外の場合には、奥さんが自らの意思で仕事を辞めない限りは来月も再来月もこの先ずっと収入が見込める状態であることが求められます。

例えば、スーパーのレジ打ちのパートなどは自分で辞めない限りはずっと続く仕事なので、キャッシングの審査対象となります。

奥さん名義で利用できるキャッシングの限度額は?

奥さんの名義であっても誰の名義であっても借りることのできる限度額の計算方法は同じで「年収の3分の1まで」となっています。(俗に総量規制と呼ばれるものです)

仮に、月にパート代が8万円だとすると見込み年収は96万円となるので、この3分の1の「31万円」が借りることのできる限度額の目安となります。

実際にはいきなり初回の借り入れから限度額いっぱいを貸してもらうことは難しいので、最初は10万円くらいからのスタートとなるかもしれません。(これは正社員のサラリーマンでも同じみたいです)

ただし、これはケース・バイ・ケースで奥さん名義の不動産がある場合などは最初の利用から限度額近くまで貸してもらえる可能性もありえます。

場合によっては旦那さんと同じ住所が仇となることも

通常は滞納者や強制解約者、それに債務整理をした人の場合には、日本信用情報機構(JICC)や指定信用情報機関(CIC)に名前が掲載され「ブラックリスト入り」と表現されますが、キャッシング会社が自社内だけでオリジナルのブラックリストを設けていることもあります。

これを属に「社内ブラック」と言うそうですが、これに旦那さんの名前が登録されている場合には、もしかするとキャッシング会社の判断によっては同一住所ということで奥さんも審査に落ちてしまう恐れもあります。

とは言え、審査は受けてみないと結果は分かりませんし、周囲には旦那さんが債務整理などをしているけど奥さんはキャッシングを利用できているという人もいます。

審査は無料ですからとりあえずは審査を受けてみるしかありません。

本審査の前に仮審査を利用するのが堅実です

キャッシングの利用には審査がありますが、仮審査と本審査の2つがあります。いきなり本審査を受けることもできますが、万が一でも審査に落ちてしまうと履歴に傷がついてしまうのでオススメできません。

そこで、まずはスマホなどネットから仮審査を受けてそれに通ってから本審査を受けるという流れが一般的です。

仮審査ならカフェでも自宅でも車内でもどこにいてもスマホなどネットが繋がるところからであれば簡単に申し込みができますし結果が出るまで数十分しかかかりません。

1秒でも早く借りるにh,仮審査に申し込みをして結果を待っている間に無人契約機に向かい、仮審査がOKになったらすぐにその無人契約機で本審査を受けるのが全く無駄がない流れとなります。

利用したいキャッシング会社を選び、スマホなどから仮審査を受け、結果を待つ間にそのキャッシング会社の無人契約機に向かう流れですので、ぜひ参考になさってみてください。