知らない間にリボ払いになっていた人やリボ払いを積み重ねて大きな金額になっている人も多いと思いますが、そのままの返済内容だといずれ返済ができなくなる恐れがあります。

返済不可能になる前に膨らんだリボ払いの金額を「通常の分割払い」に変えてもらうのも一つの対処方法です。

当然、リボ払いよりも一ヶ月あたりの返済額は大きくなりますが、いつまでも無駄に多く払い続けることは避けられるので最終的には総支払い額をぐっと抑えることができます。

リボ払いを分割払いにしてもらうには

クレジットカード会社に電話をして、今現在のリボ払いの金額を分割払いにしてほしいと伝えるだけで大抵はOKです。その際、今後の返済を無理なく続けるためにはできるだけ長い分割期間にするのがコツです。

また、例えボーナスの時期が近かったとしてもボーナスで一括返済をすることは避けておき、分割を希望しつつ支払い回数も少なくし過ぎないことも重要です。

ギリギリの返済内容にしておくと何か突発的なお金の支払いが発生した時にどうにもならなくなってしまいますよ。

スポンサーリンク


分割払いへの変更を断られた時には?

もしもリボ払いから分割払いへの変更をクレジットカード会社に断られた時には、クレジットカード会社の代わりにキャッシングを利用するという手もあります。

キャッシングへの返済は分割払いを選ぶことができるんですが、その際にあまりに長い期間を選択してしまうと、結局はリボをした場合とあまり差が出ないこともあります。

とは言え、多くの場合にはキャッシングの利息の方がクレジットカード会社のリボ払いよりも利息が少なくなることが多いので安心です。

いつでもキャッシング審査に通るとは限りません

一度キャッシングで審査を受けて借り入れ可能な状態になっておけば、仮にクレジットカードの返済で困った時でもすぐに現金を借りることができるので何かあった時に助かります。

ところが、クレジットカードで何度も滞納を繰り返していたらキャッシングの審査にも通らなくなります。なので何の問題もないうちにキャッシング審査を通っておくことが大切で、それならいつでも利用ができるのでピンチの時にも助かります。

ちなみに、基本的にキャッシングの審査は早くて、問題がない人の場合(審査に通る人)は午前中に審査を受ければ当日中にお金を借りることも十分に可能です。

リボ払いが膨らんで滞納したら

1度の支払い額が少なくて済むリボ払いですが、沢山の買い物でリボ払いばかりしていると合算すると非常に大きな金額となり返済が困難になることもあります。

リボ払いも通常の返済と同様に滞納をしていると「一括返済」を求められることもあります。その時に督促が来ても払えるお金がなければ最終的に待っているのは差し押さや債務整理という悲しい結末です。

リボ払いの一括返済を求められて払えない時は、キャッシングで借りて返済をしてしまい、変わりにキャッシングへコツコツと分割で返済をすることが賢明な対処と言えそうです。