飲食店で食事をしてる途中や食事後に財布を見たら思ってたよりお金が入ってなくて払えなくなった・・・ということもまれにあると思います。

もちろん、その場合にクレジットカードで払うことができれば何の心配もありませんがカード払いできない店も多いですよね。

しかも銀行に行って閉まってたり、下ろすお金が無いという時のために対処方法をご紹介します。

お金がなくて飲食店で払うことができない時は

飲食店で払うお金がなくてクレジットカードも使えない時は、まず最初に店の人に正直に事情を話すことです。

もっとも一般的なのは、運転免許証や学生証などを持っていれば、お金を払うまでの間にそのコピーをもっておいてもらうという方法で、何かあっても逃げ隠れできないようにするというやり方です。

これなら、相手からしても「逃げ隠れできない」という安心感があるので、よほど怪しく思われない限りはひとまず帰宅させてくれるはずです。

飲酒していたり高額な店の場合には後日払いがダメな店も

飲酒をしている場合には信用具合が急激に下がります。また、高額な飲食店の場合にもマックやファミレスと違ってひとまず帰宅させてもらえるような甘い対応はしてもらえない可能性があります。

その場合、うかうかしていると警察を呼ばれてしまう恐れもあるので、早急に知り合いを呼んで立て替えてもらうなどの緊急の対処が求められます。

でも、知人にお金を借りるということは現実には難しくて、「恥ずかしい」とか「悪い」という理由で頼ることができないのも普通だと思います。

かと言ってそのままでは状況は悪化する一方になるため、ここでお店に提案をしてほしいことがあるんです。

キャッシングでお金を借りて払うので契約機までついてきて欲しい

それはキャッシングを利用してお金を借りるという対処方法になります。もしも今までにキャッシングを利用したことがない人であれば、バイトや仕事などで毎月入るお金があり、そして他に大きな借金でもない限りは審査を受ければ通ることも多いので、すぐにお金を借り入れして飲食店に払ってしまえる可能性が大きいんです。

どこで借りればいいか?

キャッシング選びで不可欠なのが身近に無人契約機があるかどうか?です。無人契約機さえあれば、後は審査に通ればその場でお金を引き出して借りることができるので、無人契約機が飲食店から近くにあるかどうかをチェックする必要があります。

とは言え、プロミスやモビットやアイフルのようにCMでも有名な大手なら大きな街なら大抵は無人契約機が存在しています。

早くお金を借りたい場合には注意すべきことがあります

早くお金を借りたい場合、まずは無人契約機に行く前に、例えば飲食店にいる状態で「仮審査」を受けておくことが重要です。

仮審査はスマホなどからも申込みをすることができ、これに通ってから無人契約機に行けば何かと借り入れまでがスムーズに進み、時間短縮にも繋がるんです。

ちなみに、仮審査の申し込みをしてから結果が出るまでには1時間もあればだいたいは分かるようです。なので、お店に「お金がない」という話をするよりも前に、事前にスマホなどから仮審査まで終わらせておくとより早く済みます。

お店の人には「仮審査には通ってるから後は本審査を通過すれば、お金をその場で引き出せるのでお店にもその場で払えます」と説明できるところまで事前に進んでいれば店の人もしぶしぶ納得してもらえやすくなると思います。

一番下手なやり方は、まだ仮審査も受けてないのに店の人に「キャッシング店舗まで行かせて欲しい」とお願いをするパターンです。

これだと借りられる保証もありませんし、保証がなければ店を出ることも許さずに警察を呼ばれて無銭飲食の罪をかけられる恐れだってあります。

でも、仮審査に通った旨の内容メールなどが証拠であれば、それを見せればすんなり行かせてもらえる可能性が高まります。

無銭飲食は現行犯逮捕

昔から無銭飲食をした人は現行犯逮捕が原則となります。後から「あの人です」なんてことが通用しづらい犯罪ということもあってか、大抵の場合には店に警察を呼んで店内で逮捕をされることが多いようです。

一度店を出して逃げられてしまったら、無銭飲食くらいでは警察総動員などでは探してもらえないからです。だからお店の人としては、警察を呼んでその場で現行犯逮捕をしてもらおうとする人が多いんです。