BIGLOBEの支払いが引き落としになっている場合、うっかり口座残高が足らずに引き落としできなかったということもあると思います。

 

または、他の出費がかさんでBIGLOBEの支払いをするお金が無いというピンチな方もいると思いますが・・・

 

そのまま放置しているとあっという間にブラックリスト入りしてしまい、強制解約どころか、今後、他社とのネット契約や、賃貸契約や各種ローンの審査にも落ちてしまうことになりかねません。

 

でも大丈夫です。以下ではBIGLOBEへの引き落とし等の支払いができなくなった場合の対処方法をご紹介します。

 

※ちなみに今回の記事はBIGLOBEのSim契約・モバイル契約・WiMAX契約など全てが対象となってますので、ぜひ急いで目を通してみてください。

BIGLOBEの引き落としができなかった時は借り入れを利用してすぐ払う

BIGLOBEの引き落としができなかった時には、とりあえず何とかして払ってしまう以外には対処方法がありませんが、今の時代はスマホやPCから大手のキャッシングを利用することができるので何とか大事にならずに済みます。

 

もしもこれが税金の滞納などであれば税務署などに相談すれば支払い期限を延ばしてもらえるなどいろんな措置がありますが、民間のBIGLOBEが相手となれば相談をしても意味がありません。

 

なので、ひとまずCMなどで有名な大手のキャッシングを利用して、1万円や2万円の少額を借り、BIGLOBEへ早急に支払うことが賢明な判断だと言えます。

※私はファイナンシャルプランナーですが、もし友達に相談された場合でもキャッシングの一時的な利用が良いと提案しますよ。

 

大手のキャッシングなら利息も公表どおりに守られているので利用が安心ですし、借り入れ額が1万円や2万円程度であれば、利息も僅かなものです。

 

それに、大手キャッシングのメリットは何と言っても1万円くらいの少額の借り入れでも、毎月1,000円づつ返済するような分割返済も可能なところです。

初めてキャッシングを利用する方にも人気→ 分割返済も可能なキャッシングのランキング

 

BIGLOBEの引き落としが残高不足だったらどうなる

BIGLOBEの引き落としが残高不足だった場合には、通常は翌月の支払いと合算されての引き落としとなります。

ただし、これで安心してはいけません、なぜなら、滞納履歴が確実に記録されていっているからです。

 

実は怖いのは一度目の滞納に気が付きづらいという点です。通常「引き落としができませんでした」というハガキがすぐに届きそうなイメージがありますが、BIGLOBEは届きません。自分で記帳や口座チェックをして確認をするしかないんです。

 

なお、BIGLOBEで引き落としができなかった場合には、翌月に2ヶ月分を合算して引き落としとなるんですが、その時点で引き落としができないとやっと督促ハガキがやってきます。

 

この時点で、すでに軽い滞納者ではなくなってますよ・・・

 

なお、この時点でもまだ「重大な金融事故扱い」には該当していませんが、次回に再び引き落としができなかった時には、BIGLOBEのsimやモバイルやWiMAXなどを強制解約させらてもおかしくはありませので全く油断はできない状況です。

 

強制解約になると、それこそ他社でも契約ができなくなるリスクもないとは言い切れません。(おそらく「契約できない理由」は教えてはくれないと思います。)

 

なので、何が何でも最初の支払日に間に合うように払うべきで、もしダメだったら、再び滞納しないように、次回はあらかじめキャッシングで借り入れをして余裕を作っておくくらい慎重に構えるくらいで丁度かもしれませんね。

 

口座引き落としをクレジットカード払いにする手もあるけど

口座引き落としに設定している人は、クレジットカード払いに設定を変えることで支払いを1ヶ月先延ばしにすることが可能となります。

 

ただし・・・、手続きをしたからと言ってその瞬間に切り替わりものではありません。切り替えには1ヶ月くらいはかかるのが一般的なので、直近のBIGLOBEへの引き落としは間に合わないのが普通です。

 

なので、もしも翌月からでも良いからクレジットカード払いにして1ヶ月先延ばしにしたいという場合には、ひとまず手続きを進めておくのもありだと思います。

 

※BIGLOBEへの滞納がすでに発生している場合には支払い方法の変更手続きはできないことがあります。滞納中の場合には、先にとりあえずキャッシングを利用して滞納分を払い終え、それから速やかにクレジットカード払いへの手続きをとるのがベストな流れとなります。

BIGLOBEの利用料金 引き落とし日はいつ?

BIGLOBEでは「月末締めの翌月26日の引き落とし」となっていて、個人の希望で引き落とし日を変更してもらうことはできません。

なので、再引き落とし日の前には2ヶ月分の現金を確保しておかなければいけません。

引き落としされる時間は

残念ながら口座引き落としに利用している銀行によって午前中なのか昼なのか、もしくは昼と夕方の2回引き落とし処理をかけてくるか?などバラバラです。

 

ちなみに、引き落としになる時間を調べるには、過去の記帳や明細を確認した時の記憶をもとに、午前中だったか?などを思い出すしかありません。だだし、それも日が経てばかつては夕方引き落としだったのが昼に変わっていることもあるので参考程度にしかなりません。

 

※今回の記事を書くにあたり、私は銀行員の友人に「何時に引き落としか確認できる?」と聞いてみましたが、こればかりは銀行の営業所では分からないとのことでした。やはり銀行や県や契約者などの諸条件の差によって違ってくるからだそうです。

 

できれば再引き落としになる前になんとかキャッシングなどで対処をしたいところですが、すでに間に合っていない場合には再引き落としを利用するのが振込みよりもお得です。(振込み手数料がかからないので500円くらいお得になります。)