FXや株をやっていると強制ロスカットが間に合わなかったりで追い証を求められることもあると思います、払える人なら何も問題もありませんがすぐに支払いができなければ大変です・・・

スムーズに追い証の支払いができないとどうなるか?また、貯金や現金などお金がない状態で対処する方法など、ファイナンシャルプランナーの立場から詳しく紹介してみたいと思います。

まずは結論!追い証が払えないとこうなる。

預け金でカバーができない場合に追い証を求められますが、それを払わず(払えず)、しかも督促を無視している場合は家や車などを差し押さえられる可能性があります。「別に車なんて取られてもいいや」という人でも注意しないといけないのは「給与の差し押さえ」を先にやられてしまうケースです。

給与を差し押さえる場合、まずは勤務先が給与口座として利用している金融機関に「給与差し押さえ」についての連絡が入ります、そして次に、銀行等から勤務先に対して「差し押さえ対象となりました」という連絡が入るのが一般的な流れです。

追い証はいつまでに払わないとダメ?

追い証はどこの証券会社やFX会社でも基本的には「翌々営業日まで」に払うこととされいます。ですから、仮に誰かからお金を借りるとしても普通ならそんな急な話は間に合いません。

また、銀行でお金を借りるにしても目的が教育資金や車のローンや家のローンなど目的が決まっているものへの融資しかしてもらえませんし、違い目的にお金を使うこともできません。

勤務先に督促電話が来ればオワッタも同然

つまり、勤務先(経理・総務など)に、あなたのお金の払いが悪くて差し押さえまでされているという事実が伝わってしまうんです。会社はお金のトラブルを抱えた社員は嫌うので、当然ですが左遷だったり自ら辞めたくなるように仕向けられて、職を失うことにも繋がりかねません。

サラリーマンや公務員など勤め人をされている人の場合には追い証が払えないということはもはや個人の問題では収まりきらなくないということを覚悟しておかないといけないんです。でも大丈夫です、対処方法を以下でご紹介しています。

キャッシングなら審査や借り入れまでが早い(しかも分割返済も可能)

キャッシングにもいろいろありますが、早く借りないといけない人や初めて利用する人には店舗数が多いプロミスやモビットなどが便利です。

数あるなかでもノンバンク系とされるプロミスやモビットやアイフルなどの場合には少額から借りることができたり、無人契約機の数も多いので利用しやすいと思います。

ちなみに、最も最短で審査から借り入れまでを終えるにはスマホやPCなどネットから仮審査を受け、次に本審査を無人契約機で受ければ、その場で現金を借りることができるので無駄がありません。(もちろん審査に通る必要はあります。)

それに、キャッシングで分割払いならうっかり滞納しても一度だけなら一括返済を求められるようなリスクはまずありません。

追い証を分割払いにしてもらう方法もあるけど

これはFX会社や証券会社によって対応は違ってきますが、こちらからすぐに連絡を入れて「今すぐ全額は払えないけど分割で何とか支払いをさせていただきたい」というように丁寧にお願いをすれば応じてもらえる可能性はなきにしもあらずです。

ただし、基本的にはできないと思っておいた方がいいのと、分割の場合には何か不都合があれば一括返済に切り替えられるというリスクもあります。それよりかは・・・キャッシングなどで借り入れをして追い証分を払ってしまい、後はキャッシング会社にコツコツと分割返済をする方が無難だと言えそうです。

それにキャッシングにちゃんと返済をしていけば、最初は限度額が低く設定されていたとしても返済実績で信用が増すことで借り入れ限度額が増えることもありますし、次に追い証が必要な時やFXや株以外のことでお金が急に必要になった時でも、利用目的を問われることなく借り入れ利用ができるので助かります。

そもそもFXや株の追い証(おいしょう)とは?

思い切り簡単に言うと「預けているお金では損失分のカバーがしきれないほど(カバーできたとしても)目減りしている時に求められるお金」のことです。

いわゆるポジション(決済前の状態)に含み損が発生した場合に求められるもので、私が過去に利用したことのある楽天証券の場合ですと「最低保証金維持率」は20%でした。

多くの場合20%に設定しているところが多いようで、仮に保証金を100万円入れておいた場合で例えると、信用買いを400万円した後に値下がりしてしまい80万円を切ってしまうと追い証を求められるようになります。

近頃はFXの口座開設の広告などあちこちで見かけるため、気軽に始める人も多く、そのため追い証の事まで詳しく把握する前にスタートし、追い証を求められてから初めて事の重大さに気がつくパターンも増えているとか。

もちろん、貯金などで補える人であればまだ何とかなりますが、全財産をつぎ込んで一発勝負のようなやり方をしている人は取り返しのつかないことになりかねません。でも、今までどこからも借り入れなどしたことがなく、家や車のローンなども対して抱えていないくらいの人であれば、キャッシングを利用してひとまず乗り切ることも可能です。

私の友人が追い証を嫁バレせずに助かった方法

実は私の友人に一時期はFXで相当稼いでていた人がいました。そんな友人も最初のころは書店で手にいれたFXの指南書やブロガーの記事で勉強して試行錯誤をしていた時期があり、最初の頃はルールも把握しきれていないのに大勝負をすることもあったそうです。

当然、そんな甘いやり方をしていたので稼げる時と損失時の差が激しく、数ヶ月のうちに追い証が払えずに相当マズイ状況だったそうです。結婚していて子供もまだ1歳くらいで奥さんも働いていない時だったので、追い証のことなんて絶対に相談できるわけもなく、お金の支払いにかなり困っていたとか。

そんな時、最初で最後と決めて友人はキャッシングで30万円を借りたそうです。その後、支払いは分割で返しつつボーナスも少し使って1年以内にすべて返済をしたとか。独身なら2~3ヶ月で完済できたけど奥さんにバレないようにコツコツと目立たないように返済をしたんだそうです。

その後、友人はFXのコツを掴んでかなり安定して収益をあげられるようになったそうで、キャッシングもそれっきり使う機会はないままらしいです。こんなふうに割り切って利用するのも大人の使い方と言えそうです。