子供の保育料は所得によって7万円から2万円ほどの幅で決められていますが、何らかの事情でこの支払がキツイ時もあると思います。 でも、いくら支払いが厳しいと言っても保育料の引き落としができずにいると、タイトルにもありますよう・・・