UQモバイルでの支払いを滞納してしまうと、通常のよくある携帯電話の滞納のように払ってしまえばすぐに利用再開ができるってわけでもないんです。

そこで、ファイナンシャルプランナーとして、まずはすぐに払えるように現金を用意できる方法と、支払い後のUQモバイルの流れをご紹介します。

UQモバイルの滞納分を今すぐに払える方法

UQモバイルの滞納分を今すぐに払うために役立つのがタレントなどをCMに起用している大手のキャッシングです。

 

これ以外にスムーズに払える方法はありません。(友達や職場からお金を借りるのは現実的じゃありませんし、友達や職場で嫌われる存在になるのは間違いないので避けるべきです。)

 

ちなみに、大手のキャッシングで借りた場合には、分割返済が選べるので返済に困る心配がありません。それに、なによりも現金を借りるまでの時間が早いので助かります。

 

審査申し込みが早ければ当日中に現金を借りることができ、遅くても翌日には借りることができます。(もちろん審査に通ることが前提です。)

参考にどうぞ当サイトからの申し込みが多い大手キャッシング

 

また、CMをやっているような大手キャッシングには初めて申し込みをする人に向けてのお得なキャンペーンもあるので、申し込み日から30日以内に返済した分には利息がつかないというところもあります。

 

テレビCMをやってて有名タレントを使ってる大手キャッシングにはプロミスや三菱UFJモビットやアコムやアイフルなどがあります。

UQモバイルに支払いせず滞納を続けたら

UQモバイルで支払いをせずに滞納を続けてしまったら、まず最初に利用停止の案内がメールで届くことになります。

これは申込み時に登録をしているメールに届くので、もしUQモバイルで独自のメールアドレスを作っていない人でもどこかメールが届いているはずです。

 

督促のメールが来てもそのまま払えず(払わず)にいると、次は「請求書兼強制解約予告書」が届くことになります。

この予告書が届いてもそのままでいると強制解除となり、その後はついに財産の差し押さえ処理へと進むことになります。

 

差し押さえというのは、ある日に突然やってくるわけじゃなくて裁判所経由の差し押さえについての手紙が届き、そこに書かれている日付までに支払いができないと執行される流れになっています。

 

私の知る限りでは、流石にUQモバイルで差し押さえになった人は周囲にはいませんが、携帯電話の料金では全然普通にありえる事なので、きっとUQモバイルでも差し押さえは行っているはずです。

 

なお、差し押さえになると、給料を差し押さえになるパターンや車やバイクや趣味の用品などを差し押さえられるパータンがあります。

自分で選ぶことができませんし、一度差し押さえられた品は競売にかけられて手元に戻ることはまずありません。

 

ちなみに、請求書兼強制解約予告書が届いて2日ほどで支払いをした知人の場合には、支払いしてから数日後にはUQモバイルの利用が再開してもらってました。

 

ただし、この友人は後にも先にもこの1回しか滞納をしていないので、2回目の場合には支払い後も利用再開にはならない可能性が大きいかもしれません。

参考にどうぞ当サイトからの申し込みが多い大手キャッシング

 

UQモバイルの支払日や再引き落とし日のおさらい

UQモバイルの請求書発行月の26日が引き落とし日となっています。

なお、もしも26日が土・日・祝日になっている場合には翌営業日が引き落とし日となります。

UQモバイルはCICに加盟しているため滞納で人生が詰む可能性も!

UQモバイルはCICという個人情報機関に加盟をしていますが、これは滞納をしないユーザーにとっては何も気にすることはありません。

 

でも、繰り返して滞納をする人や、滞納期間が長い場合には、CICに「金融事故」として記録が残るリスクがあります。金融事故というのは酷い滞納をした人を登録する際の名称の一つです。

 

なお、CICでの支払延滞情報は完済をしたとしてもすぐには消えずに5年間は信用情報機関に記録が残ってしまいます。(UQモバイルの公式サイトにも書かれます。)

CICに登録されるとUQやそれ以外でも機種変ができなくなるかも

CICに金融事故として名前が登録されてしまうと、UQモバイルや他のスマホ会社(ドコモ・au・ソフトバンク・その他の格安スマホ会社)で機種変を簡単にできなくなります。

 

その理由は、スマホの本体代金を割賦契約をしている所が多いためで、割賦契約を利用するにはローン審査を受けることになるからです。

 

ローン審査に通らないということは、今後は機種変をする際には現金一括払いをするしかないということになりますし、そもそも電話会社との契約そのものを断られるリスクさえあります。

参考にどうぞ当サイトからの申し込みが多い大手キャッシング

 

本体の支払いを割賦契約している人もやばい

UQモバイルでスマホ本体の支払いを割賦契約している人は、電話代の滞納をしていることは想像以上にやばいです。「割賦契約=ローン契約」なので、ローン返済を滞納したことになるからです。

 

また、仮に本体代が月2,000円かかってるけど、その2,000円分が毎月マイナスされて、結果的に本体代の支払いは0円になっている人も同様にやばいです。

 

というのも、マイナスされる前にいったんは毎月必ず本体代2000円は発生しているからです。

本体代以外の支払いができた時点で本体代2,000円をマイナスされる順番になるので、毎月の本体代が0円でも、ひとまず本体代2,000円を滞納したことになっているわけです。

 

なお、この割賦契約で滞納している人は学生にも多く、気づかないうちに悪質な滞納者としてCICなどに登録をされ、就職の際に個人信用情報の傷のせいで落とされてしまったり、アパートのローンや車のローンに落とされている人が多いことで社会問題とされているくらいです。